育った土地の言葉・方言って、なかなか抜けないものですね

特に、思春期を過ごした街の言葉って、おとなになってからどこに住もうが、案外抜けないものですね。僕の場合は千葉県富里市とか、千葉県千葉市だとかなんですけどもね。あのへんは、北関東方言なんですよ。茨城県などと地続きなので、その影響下にあるんでしょう。もっと千葉市寄りの人になると、今度は横浜っ子じゃないですが、千葉っ子は、漁師町の名残を残した言葉をしゃべる方もいらっしゃるんです。

考えてもみてください。近畿地方から首都圏へ出てくる人は、関西弁をしゃべりますよね。それと同じことが(ごく少数派ではありますが)あるんです。来阪して、慣れようと思っても、どうしても下総弁が出てしまう。そして、僕の場合、生まれが北九州市小倉なので、あの辺も、新日鉄の影響下で、東京から赴任して来られるご家族が多いので、下請け会社も同じような言葉をしゃべるようになるので、案外言葉がきれいなんです。江戸言葉に近いんです。意外ですね。

まあ、兵庫県が嫌いだ、というわけではないのですが、どうしても、小倉弁、千葉弁が出てきてしまうのですよ。どんなに矯正しようとしても、素早くしゃべろうとすると、どうしても生まれ育った土地の言葉の方が、スムーズに事が運ぶんです。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Archives www2.netwings.jp

ネットウイングスの記事アーカイブです(~2018/08/25まで)