この、何業とも特定しがたい「ネットウイングス」という存在

うーん、うーん、胃が、頭が痛い。お医者さんならば「医業」ですよね。で、うちは文章を書きますが、小説を書くのであれば「文筆業」として税率0%。ところが、クラウドを斡旋すると「情報通信業」になり、突然税率が5%になります。また、パソコン販売斡旋をすれば「物品販売業」となり、税率が5%になります。この、何業とも特定しがたい「ネットウイングス」という存在。

まだ、なーんにもしていませんが。ものづくりでもないから、製造業でもない。専門のコンサルタント業と言えるのか、と言うと、それほどでもない。うーん、うーん。

パソコンを直すことは、何業になるのだろう? 技術的なブログを更新することは、何業になるのだろう? もし、総務省の届出を返上すれば(クラウドを斡旋しなければ)情報通信業にならないのか。いろいろと出てきます。もしかして、これを「非関税障壁」っていうのかな(笑)日本では、国の歴史が長いので、はい倉庫借りた、ベンチャーを始めよう、という風にはなかなかなりません。アップルコンピュータみたいなところが生まれないのはそれが原因です。

うーん、なんの儲けにもならないなら、どうするのかな? 学校は教えてくれません。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

Netwings.JP アーカイブ www2

ネットウイングスです。 サイト開設19周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)