【誤解】iTunesで音楽を買うとき「リマスター」とあるのは、原版から音を撮りなおしたいい録音のこと(NetwingsJ)

iTunesストアで驚愕したのが、胡桃の日/さだまさしで、ご高齢のかたは、わざわざ音質の良い「リマスター版」を避けて買っていたことです。勿体ない!! 音質が格段に良くなって、古い録音が、ざらつきの無いええ音になっているというのに、同じ値段でそれを避けて通るとは!!

この例で行くと、1976年の録音テープを、2016年に、レベル調整して、きめ細やかな録音にして、ええ音にしている、という例です。とてもいい音です。デジタルっぽいザラザラした音になっていない、という意味です。ですので、iTunesストアで「リマスター版」を見かけたら、同じ曲だったらそっちを買いましょう、というお願いです(・∀・)ノ

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

Netwings.JP アーカイブ www2

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)