【訂正】またわたくしはうそを教えていました。DTI SIM の正しいMTU値は、1422byte以下にしなければ、正常な通信が行われません(NetwingsJ)

お詫びして訂正いたします。(下記記事)

これは、バッファローのルーターに設定する場合の話であって、Windows のコンピュータには、DTI SIM の場合には、1450byte から IPヘッダの 20byte を減じて、更に、TCPヘッダの 8byte を減じる。

つまり、1450-20-8=1422 byte までの通信が出来る、ということで、誤りがありました。広まるということは、怖ろしいことです。

Windows のコマンドプロンプト(管理者権限)で、以下のように設定します。

1)MTU値を設定したいインターフェイスを探す。太字が打ち込む部分です。

>netsh interface ipv4 show interface(Enter)

(一覧が表示されます)

2)そのインターフェイスに、MTU値を設定します。

>netsh interface ipv4 set interface ※番号※ mtu=1422(Enter)

3)コマンドプロンプトは、必ず exit で抜けます。

4)念のため、パソコンの再起動をお願いします。(設定が確実に更新されます)


……そういうことでした。もうじき50歳になろうとしているのに、まだまだこれからです。はい。

修行します。ではでは。

【追記】うちは、来年の今頃は、NTT西日本のフレッツ光ネクストになるわけですが、MTU値はこうです。(ご参考ください)

「フレッツ 光ネクスト」(FTTHアクセスサービス)ではMTU値を1,454バイト以下に設定する必要があります。MTU値を1,454バイト以下に設定されていない場合、速度が低下したりインターネットが正常に利用できなくなることがあります。

だ、そうです。ではでは。

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

Netwings.JP アーカイブ www2

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)