我々(ネットウイングス)に持ち込まれるよりも、直接PC3Rに出された方が良いパソコンもあります(NetwingsJ)

一般社団法人 パソコン3R推進協会というところがあります。ここは、ハードディスク付きパソコンを出した場合、再資源化するので、個人・法人問わず、再生不能になるまでたたき壊します。この方が、パソコンの廃棄→再資源化に資する場合があります。

このように、個人向けユースと、法人向けユースで、リサイクルの方法やおカネが少しずつ違ってくるのですが、個人情報保護法の観点から見ても、どうしても譲れないデータ入りのPCの場合、我々でも処分できなくはないですが、同じことです(特にハードディスク部分)つまり、ネットウイングスでは、技術的にはパソコンリカバリが出来なくはないのですが、この際、PC3Rさんに直接出された方が、後々、個人情報保護法の観点からも、もめないという利点が挙げられます。お遊びや個人ユースのPCならば話は別ですが、ガチの法人格で使われていたパソコンとなると、徹底的に鋳つぶしてくれて、そして「資産滅却証明書」(だったかな?)を発行してくれるここの方が、何かとデータ的に安心だからです。だったら、PC本体とHDDを分けて出すより、まとめて出した方が、PC3R的にお得だよね、という話になってきます。

そういうことです。特に、機密データが入っているもの(名簿等)は、あらかじめお断りしていますので、個人情報保護法の観点からも、PC3Rをお勧めする場合がございます。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

Netwings.JP アーカイブ www2

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)